【プレスリリース】マイナーチェンジ【Sクラス】

メルセデスベンツのSクラスがマイナーチェンジしましたよ。ポイントは色々あるのですが、取り敢えずフロントマスクは3本の光ファイバーが特徴的なヘッドライトや、スマホで操作出来るなどです。

Sクラス 買取

詳しくはメルセデスベンツのプレスリリースで読んでみましょう。

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデル

新型 S クラスを発表

  •  安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」がさらに進化
  • スマートフォンを使用した車外からの遠隔 並列・縦列駐車が可能に
  • テレマティクスサービス「Mercedes me connect」を導入
  • 気筒休止機能を備え、環境にも配慮した新型 V8 直噴ツインターボエンジンや
    AMG 4MATIC+の導入など、パワートレインを刷新

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、メルセデス・ベンツの最高級セダン「新型Sクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より予約注文の受付を開始し、9月上旬より順次納車を開始します。(S560 long、S600 long、メルセデス AMG S 63 long、メルセデス AMG S 65 long は本年12月頃の納車を予定)

メルセデス・ベンツ Sクラスは、いつの時代も世界の自動車の指標とされてきたメルセデスのフラッグシップモデルです。2013年には、時代の最先端を行く「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」、「究極の快適性」、「徹底した効率向上」をコンセプトに、「新時代のプレステージカー」として登場し、累計販売台数は世界で30万台を超え最も選ばれているラグジュアリーセダンの一つとなりました。

そして 2017年、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」がさらに大きく進化、クルマが通信機能を持ち利便性を飛躍的に向上させる「Mercedes me connect(メルセデスミー コネクト)」を初導入、新開発のパワートレインの導入など、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素を高次元で究め、装いも新たに生まれ変わりました。

デザイン

新型Sクラスは、メルセデスのフラッグシップならではの威厳はそのままに、フロントおよびリアのデザインを刷新し、最高のクオリティを誇る素材とクラフトマンシップによりモダンラグジュアリーをより明確に示しています。

フロントデザインでは、光ファイバーによる3本のラインが特徴的なヘッドライトをはじめ、全車ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークを採用したことで、より印象的かつ精悍でダイナミックな外観となりました。

LED リアコンビネーションランプには、満天の星空の輝きを想起する「クリスタルルック」を採用し、被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することにより眩惑を防ぎ、見た目の華やかさだけでなく、安全性にも寄与しています。また、LEDリアコンビネーションランプが内側から外側へ、下側から上側へと流れるように解錠/施錠時に点灯する「カミングホームファンクション機能」も新たに導入しています。

リアバンパー下部もデザインが変更され、左右のエグゾーストエンドを結ぶワイドなクロームトリムがより威厳を感じさせるデザインとなっています。

インテリアは、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型の「コックピットディスプレイ」や、「タッチコントロールボタン」付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64 色)などの装備により、フラッグシップモデルにふさわしいエレガントでエクスクルーシブな室内空間となっています。また、新たに「designo スタイルパッケージ」をオプション設定*1 しました。シルクベージュのシートに3種のサブカラーを備え、全5種*2のインテリアトリムとのコンビネーションからお選びいただけます。
*1: メルセデス AMG S 63 long /メルセデス AMG S 63 4MATIC+ long を除くロングモデルにオプション設定
*2: メルセデス AMG S 65 long のみ、AMG カーボンインテリアトリムを加え全 6 種

インテリジェントドライブ

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルSクラスは、自動運転の実現に向けてさらに大きく一歩前進するとともに、インテリジェントドライブを新しい次元へと引き上げました。

「インテリジェントドライブ」は、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し状況を判断、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させます。

先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」は、自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればドライバーはアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになりました。操作方法においてもステアリング上にスイッチを配置したことで、より直接的に操作機能ができるようになっています。
「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガード゙レール等を検知しステアリングアシストを行います。高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」により、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更します*3。

*3: 高速道路を約 80km/h~180km/h で走行中かつアクティブディスタンス・ディストロニック(自動再発進機能付)およびアクティブステアリングアシスト作動時に起動。

また、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFE®サウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現しています。

またセグメント最長の照射距離を誇る、マルチビームLED(ウルトラハイビーム付)をメルセデス・ベンツで初導入しました。

さらに、快適な乗り心地を実現するサスペンションシステム「マジックボディコントロール*4」には、コーナリング時にバイクのライダーのように車体を内側に傾ける(最大2.65°)ことで、乗員に働く横加速度を軽減し、より安定した爽快なコーナリングを実現する「ダイナミックカーブ機能」を追加しました。
*4: S 560 long にオプション設定、S 600 longおよびメルセデスAMG S 65 longに標準装備

テレマティクスサービス:Mercedes me connect

新型Sクラスには、自動車が通信することによりお客様の利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト」を搭載しました。「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」は「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償でご提供する「安心安全サービス」、「リモートリモートパーキングアシスト」などを3年間無償でご提供する「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスを1年間無償でご提供する「おもてなしサービス」の3つのサービスカテゴリーから構成されます。

「安心安全サービス」

  • 24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡します。
  • 24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に、Bコールボタンを押下するとツーリングサポートセンターにつながります。

「快適サービス」

  • リモートドアロック&アンロック*4:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックができます。
  • リモート(車両)ステータス確認*4:車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できます。
  • MB Apps*4:天気情報やインターネットラジオをMB Appsで表示、使用できます。
  • 駐車位置検索*4:駐車した車両の位置をアプリの地図上に表示します。また、走行中の車両位置をアプリの地図上に定期的に表示します。
  • Send2Car*4: スマートフォンから、ナビゲ―ションの目的地を遠隔設定できます。
  • リモートパーキングアシスト*4: 運転手が車外から車両の車庫入れ/車庫出しをスマートフォンで操作できます。

「おもてなしサービス」

  • メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービス*4:車内から専用ボタンを押すだけで専門のオペレーターが24時間365日対応します。
    ☑車載された通信モジュールを利用し、ナビゲーションの目的地を設定
    ☑レストランやホテル等の検索・予約*5
    ☑メルセデス・ベンツ正規販売店の検索・ご案内
    ☑緊急時の病院の案内 など
    *4: 2017年8月14日サービス開始予定。
    *5: 施設により本予約と仮予約のいずれかのご提供となります

ラインアップ

新型Sクラスのラインアップは、3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボを搭載のノーマルホイールベースの「S400」、低負荷での走行の際に4気筒を休止する機能による燃料消費量とCO2排出量を抑制する新型4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンの「S 560 long」、 メルセデス最新の四輪駆動システム「4MATIC」を搭載した「S 560 4MATIC long」 、V12エンジンによるスムーズなフィーリングと高出力を実現する「600long」を設定しました。

さらにメルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載の「メルセデスAMG S 63 long」、トルク可変型四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を装備し、0-100km/hは3.5秒*6のパフォーマンス志向モデル「メルセデスAMG S 63 4MATIC+ long」、V12エンジン搭載のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG S 65 long」の3モデルを設定しました。*6: 欧州仕様参考値

安全性、快適性、環境適合性など、あらゆる面で新しく生まれ変わったSクラスは装備レベルも充実しています。特に、S 400では、先代のS 400 hとほぼ同等の価格設定としながらも、パノラミックスライディングルーフや360°カメラ、プライバシーガラス、エアバランスパッケージ、Mercedes me connectなどを新たに標準装備しています。

純正アクセサリー

20インチ AMG アルミホイール&タイヤセット

オプションのAMGライン*7に含まれるアルミホイール&タイヤを、19インチから20インチにアップグレードすることで、よりダイナミックかつスポーティなスタイリングに2種類の20インチAMGアルミホイール&タイヤセットをアクセサリーとして設定しました。なお、新車購入時の特別価格として、ホイール&タイヤセットを400,000円(税込)で設定しています。
*7: S 400/S 560 long /S 560 4MATIC long / S 600 longにオプション設定。
その他にも S クラスをより快適に楽しんでいただくための CD ドライブや、ドライブレコーダー、プレミアムフロアマット等の各種アクセサリーを設定しています。

メーカー予定小売価格(消費税込み)は以下の通りです。

モデル ステア
リング
エンジン メーカー予定小売価格
( )内は消費税抜き車両本体価格
S 400 左/右 3.0L V6
直噴ターボ
¥11,280,000
(¥10,444,445)
S 560 long 4.0L、V8
直噴ツイン
ターボ
¥16,460,000
(¥15,240,741)
S 560 4MATIC long 4.0L、V8
直噴ツイン
ターボ
¥16,810,000
(¥15,564,815)
S 600 long 6.0L V12
ツイン
ターボ
¥23,310,000
(¥21,583,334)
メルセデス AMG
S 63 long
4.0L、V8
直噴ツイン
ターボ
¥24,510,000
(¥22,694,445)
メルセデス AMG
S 634MATIC+ long
4.0L、V8
直噴ツイン
ターボ
¥24,910,000
(¥23,064,815)
メルセデス AMG
S 65 long
6.0L V12
ツイン
ターボ
¥33,230,000
(¥30,768,519)

*8: 上記のメーカー予定小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売店が価格は独自に定めておりますので、詳しくは各販売店にお問い合わせ下さい。

以上がプレスリリースになります。

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな

登録1分!めんどくさがるな

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな