【プレスリリース】レッドアートエディション【SLC特別仕様車】

SLCの特別仕様車が出ましたよ!レッドアートエディションです。

SLC 買取

メルセデスベンツのプレスリリースです。

「SLC 180 Sports RedArtEdition(レッドアート)」「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」を発表

・スポーティネスを強調する装備を内外装に施した特別仕様車
・SLCで初となる「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を設定
* Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、メルセデス・ベンツ「SLC」の特別仕様車「SLC 180 Sports RedArt Edition」および「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日から2017年8月31日までの期間限定で注文受付を行います。

「SLC」は、1996年に電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカー「SLK」として登場しました。現行モデルは、2016年にメルセデスのロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせ、SLC」と刷新するとともに、大幅な改良が施され、上質なオープンドライブをお楽しみいただけるロードスターとして幅広いお客様にご支持いただいています。

SLC 180 Sports RedArt Edition

「SLC 180 Sports RedArt Edition」は、SLC 180 Sportsをベースに、エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリムに加えて、フロントのブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクに印象的なレッドアクセントを配してスポーティでアグレッシブな個性を際立たせています。

インテリアは、ステアリング、インテリアトリム、ダイレクトセレクトレバーなど随所にカーボンデザインを採用、シートにはパイピング等を施し、レッドラインと組み合わせることで、スポーティで特別感溢れる室内空間を演出しています。また、ベースモデルでは設定のない高級感あふれるナッパレザーをシートに使用しています。

さらに、シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターによって暖めた空気を、ヘッドレスト下部から吹き出して乗員の首まわりを暖める「エアスカーフ」をSLC 180として初めて装備しており、季節にかかわらず快適なオープンドライブをお楽しみ頂けます。

今回、これらの充実した装備を追加しながらも、税込616万円と魅力的な価格を設定しました。

Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition

「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」は、ハイパフォーマンスモデルMercedes-AMGSLC 43をベースに、俊敏なハンドリングと快適性を両立する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」をSLCとして初めて採用しました。AMGダイナミックセレクトで選択できる5つのモード(「Eco」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「Individual」)と連動し、走行状況に応じて四輪それぞれを電子制御します。サーキットなどでのダイナミックなドライビングと、街中や長距離移動時の快適性を高い次元で両立します。

エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、フリックと、フロントからリアまでの随所に加えて、前後のブレーキには「AMGレッドブレーキ・キャリパー」を採用。さらに、専用のハイグロスブラックペイント18インチAMG10スポークアルミホイールにもレッドラインを採用しており、ハイパフォーマンスモデルの特別仕様車に相応しいスポーティな印象を高めています。インテリアは、カーボン
素材を使用したAMGカーボンインテリアトリムやAMGエンボスを施したAMG E-SELECTレバーなどを採用した特別感溢れる室内空間に、レッドパイピングを施したシートやレッドシートベルトがスポーティなアクセントを加えています。

今回、これらの充実した装備を追加しながらも、税込984万円と魅力的な価格を設定しました。

メルセデスAMGについて

「モータースポーツこそが技術力の優位性を何よりも端的に示す」、この確固たる信念に基づき、AMG(エーエムジー)は1967年に誕生しました。その名は、創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエアハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られています。当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造し、数々のレースにおいて輝かしい成績をおさめてきました。1988年からはメルセデス・ベンツと本格的なパートナーシップを組み、中核となるモータースポーツ活動を通して培ったレーシングカーテクノロジーとメルセデス・ベンツの最先端技術を結集し、メルセデスのトップパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産を行っています。AMGは2017年で設立50周年を迎えます。

なお、「SLC 180 Sports RedArt Edition」および「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用されます。さらに、メルセデス・ケア終了後の有償の保証延長プログラムとして、一般保証および24時間ツーリングサポートを2年間延長する「保証プラス」をご用意しています。
*新車登録日から59ヶ月後の応当日の前日または総走行距離75,000km到達時のいずれか早い時点で終了となります。

名 称 SLC 180 Sports RedArt Edition
ステアリング
販売期間 2017年6月19日~2017年8月31日
外装色 オブシディアンブラック/ ダイヤモンドホワイト
内装色 ブラック/シルバーパール(レッドパイピング付)
インテリアトリム カーボンデザインアルミニウムインテリアトリム
特別装備 <エクステリア>
☑レッドアクセントパーツ[フロントスポイラーリップ、
サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム]
☑RedArt Edition専用18インチAMGマルチスポークアルミホイール
☑ “SLC REDART EDITION”サイドエンブレム<シャーシ>
☑レッドペイントブレーキ・キャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク[フロント]<内装>
☑ナッパレザーシート(レッドパイピング付)
☑ヘッドレスト(“SLC REDART EDITION”ステッチ入、カーボンパターンエンボス入レザー)
☑カーボンデザインアルミニウムインテリアトリム
☑ステアリング(ナッパレザー、カーボンパターンエンボス入)
<機能装備>
☑エアスカーフ
☑ダイレクトセレクトレバー(カーボンパターンエンボス入レザー)
メーカー希望小売価格
( )内は消費税抜き車両本体価格
¥6,160,000
(¥5,703,704)

* 上記の価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用は含まれておりません。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売店が価格は独自に定めておりますので、詳しくは各販売店にお問い合わせ下さい。

名 称 Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition
ステアリング 左/右
販売期間 2017年6月19日~2017年8月31日
外装色 オブシディアンブラック/ ダイヤモンドホワイト
内装色 ブラック/シルバーパール(レッドパイピング付)
インテリアトリム AMGカーボンインテリアトリム
特別装備 <エクステリア>

☑レッドアクセントパーツ[フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、フリック]
☑RedArt Edition専用ハイグロスブラックペイント18インチAMG10スポークアルミホイール
<シャーシ>

☑AMGレッドブレーキ・キャリパー
☑AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション
<内装>

☑ナッパレザーシート(ナッパフルレザー仕様、レッドパイピング付)
☑ヘッドレスト(“SLC REDART EDITION”ステッチ入、カーボンパターンエンボス入レザー)
☑AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー、カーボンパターンエンボス入)
☑AMGカーボンインテリアトリム
<機能装備>
☑AMG E-SELECTレバー(AMGエンボス入)

メーカー希望小売価格
( )内は消費税抜き車両本体価格
¥9,840,000
(¥9,111,112)

以上がプレスリリースになります。

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな

登録1分!めんどくさがるな

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな