【プレスリリース】「メルセデスAMG GT C」および「メルセデスAMG GT C Edition 50」を発売【限定12台】

メルセデスベンツAMG GTに『GT C』が追加グレードとして発売になりますよ。そしてAMG設立50周年モデルとして特別仕様車「メルセデスAMG GT C Edition 50」が限定12台で発売になります。

それではメルセデスベンツ日本からのプレスリリースになります。

「メルセデスAMG GT C」および「メルセデスAMG GT C Edition 50」を発売

  • GTGT SGT Rに続く、ワイドなリアフェンダーと557馬力の“GT C”を追加
  • AMG設立50周年を記念した限定12台の特別仕様車「メルセデスAMG GT C Edition 50

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、「メルセデスAMG GT C」およびメルセデスAMG設立50周年を記念した特別仕様車「メルセデスAMG GT C Edition 50」を発表し、AMG専売拠点「AMG東京世田谷」および全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、本日より予約注文の受付を開始し、2018年上半期より順次納車を開始します。

「メルセデスAMG GT C」は、“Handcrafted by Racers.“をスローガンに掲げ、何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創り上げたメルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」をベースに、公道走行可能なレーシングモデル「メルセデスAMG GT R」の技術を取り込んだAMG GTのエクスクルーシブモデルです。

AMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンは、徹底した軽量化やドライサンプ潤滑システムによる低重心化、また2基のターボチャージャーをV8エンジンのVバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトがもたらすコンパクト化と吸排気経路の最適化など、メルセデスAMGが持つテクノロジーが詰まったエンジンです。

エクステリアには、1952年に開催された伝説的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300 SL」レーシングカーを彷彿とさせる、「AMGパナメリカーナグリル」をはじめとする数々の備を備えることで、空力効率を強化するとともに最適なグリップを確保しています。

一方、メルセデスの安全運転支援システムの1つであり、レーダーセンサーにより先行車を認識して、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を含むレーダーセーフティパッケージを標準装備し、スポーツカーでありながら高い快適性も実現しています。

AMG設立50周年を記念した特別仕様車「メルセデスAMG GT C Edition 50」は、designoカシミアホワイトマグノ、およびdesignoグラファイトグレーマグノの2色を設定し、内装にはナッパレザー仕様のシルバーパールとブラックのツートーンを採用しました。内外装の随所にブラッククロームを施すことで、特別感を演出しています。ヘッドレストには“Edition 50”ロゴを、ステアリング下部には“EDITION”バッジをあしらっています。なお、全国限定12台(世界限定500台)となります。

「メルセデスAMG GT C」の特長

AMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン“One man – one engine”、これは、メルセデスAMGの厳格な品質基準に従って、ひとりのマイスターが最初から最後まで責任を持って一基のエンジンを手作業で組み上げるというメルセデスAMGの哲学です。

「GT C」の心臓部には、AMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M178」が搭載されます。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量化しながら高い強度を実現しました。また、メルセデスAMGペトロナスのF1TMマシンでも使われているシリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減するとともにエンジンの軽量化にも貢献しています。

オイル供給方式はドライサンプ潤滑システムを採用し、オイルパンをエンジン底部から排除することでウェットサンプ潤滑方式採用時よりエンジン搭載位置を55mm低くすることが可能となり、車両の低重心化を実現しました。また高い横加速度が発生する高速コーナリング時での安定したオイル供給を可能としています。

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとしました。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現します。

これらの最新技術により、GT Cは最高出力557PS(410kW)、最大トルク680N・mを発揮します。GT Cは0-100km/h加速 3.7秒*を実現しました。 *:欧州仕様参考値

・AMGスピードシフトDCT

エンジンパワーを途切れることなく駆動輪に伝え続けるデュアルクラッチ式トランスミッションを採用。素早いシフトチェンジによって、ドライバーのアクセルワークに瞬時に反応し、シームレスな加速を実現します。燃費と快適性を優先する「C(Comfort)」、よりスポーティな「S(Sport)」と「S+(Sport Plus)」の3つのシフトモード、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」を設定しました。GT Cには、サーキット走行のための「RACE」モードも搭載しています。

・ダイナミックエンジントランスミッションマウント

GT Cには、エンジンマウントとトランスミッションマウントそれぞれに磁性流体の可変マウントを搭載。各種センサーからの情報によりドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを自動で調整します。通常走行時は柔らかいマウントによってドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断し快適性を高めます。ダイナミックなドライビング時にはマウントを硬くすることでドライブトレインのロールモーションを減少しクイックなコーナリングを実現します。

・AMGパナメリカーナグリル

GT Cのデザインは、AMGパナメリカーナグリルが目を惹きます。AMGパナメリカーナグリルはモータースポーツに由来し、クロームメッキを施した15本の垂直フィンの基本デザインは、1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300 SL」で初めて採用された由緒あるものです。

低く構えたフロントセクションと前傾したフロントグリルによって、「サメの鼻先」のような独特な形状が生まれるとともに、車体が路面に張り付くような視覚効果があります。この形はさらに、クルマの背圧ポイントを下げることで、冷却気流と空力性能を強化する効果をもたらします。

・エアパネル

エアロダイナミクスを高める技術が「エアパネル」です。エアパネルは、フロントバンパーの後端下部に電子制御式垂直ルーバーを備えています。電気モーターにより約1秒で開閉することで気流を改善し、空力性能を高めます。

ルーバーはトップスピードでの走行中や制動時、高速コーナリング時を含めて通常は閉じています。これにより空気抵抗を少なくするとともに、気流をアンダーボディへ導き、フロントに働く揚力を低減します。コンポーネントが一定の温度に達し、冷却が必要となったときだけルーバーを開き、各種ラジエターへ流れる空気の量を最大限に高めます。

・エアロダイナミクスを最適化したリアエンド

GT Cのリアエンドは、20インチホイールを装着し、アルミニウム製サイドウォールによりリアの幅をGT比57mm*拡大しました。これにより、トラクションが高められるとともに、いっそう高いコーナリング速度が可能となっています。また、随所にクロームパーツを施すことで、GT Cならではのエクスクルーシブなエクステリアを演出しています。*:欧州仕様参考値

・俊敏性と安定性を両立:AMGリア・アクスルステアリング

GT Cは、AMGリア・アクスルステアリングを標準装備することで、ステアリング操作に対する車体の挙動がいちだんと鋭くなっています。このシステムは、操縦特性として通常はまったく相反するアジリティと安定性を理想的な形で両立させるものです。

リアアクスルには、通常のコントロールアームに代えて、ステアリングアクチュエーター2個を備えています。

システムの中核をなすのは電動機械式アクチュエーター2個で、ステアリングホイールには機械的には接続されていません。この「バイワイヤ」システムが、リアホイールに対して電子制御で調整を行います。リアホイールのトー角の最大変化量は1.5度です。

車速100km/h以下では、リアホイールはフロントホイールとは逆方向に操舵され、実質的にホイールベースを短縮するのと同じ効果をもたらします。これにより、コーナー進入時のアジリティがはるかに高まり、ドライビングの楽しさがいっそう増すとともに、ステアリング操作の負担が軽減されます。特に、細いワインディングロードや、ステアリング操作が多い狭いサーキット、スラロームコースなどでは効果が顕著に現れます。その他のメリットとしては、転回時や駐車時など日常の走行場面における機動性の向上や回転半径が小さくなることなどが挙げられます。

車速が100km/hを超えた場合、リアホイールをフロントホイールと同じ方向に操舵することで、実質的にホイールベースを拡大することとなり、操縦安定性を高めます。同時に、方向を変える際、リアホイールに働く横Gの増加ペースがかなり高まり、ステアリング操作に対するレスポンスが速くなります。また、高速で方向を変える際、リアアクスルのグリップが非常に大きくなり、通常リアエンドで発生する細かな振動が減ることで、非常に安定した走りを楽しむことができます。

AMGリア・アクスルステアリングはコーナリング性能を高めるだけでなく、突然の回避操作でもドライバーをアシストすることでアクティブセーフティを強化します。これによってGT Cは限界域におけるコントロール性が向上しました。

・前後ダブルウィッシュボーンサスペンション

足回りには、モータースポーツの技術が直接フィードバックされたダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用しています。ホイール支持とサスペンション機能を分離し、スプリングストラットとダンパーストラットを下側のラテラルリンクで支えるため、上下動を最小限に抑えつつ正確無比なハンドリングを実現します。ウィッシュボーンとステアリングナックル、前後ハブキャリアを鍛造アルミニウム製とすることで、ばね下重量を軽減しながら非常に高い剛性を確保しました。

さらに、GT Cには、電子制御ダンピングシステムを搭載した「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を標準装備しました。「C(Comfort)」、「S(Sport)」、「S+(Sport Plus)」の3つのサスペンションモードを選ぶことで、走行状況に応じ減衰特性を調整できます。

・AMGダイナミックセレクト

快適なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで、センターコンソールのコントローラーを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステムです。トランスミッションのギアシフトプログラムに加え、エグゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP®、セーリング機能とECOスタートストップ機能、リトラクタブルリアスポイラーの作動プログラムが連動して変化します。また、「RACE」モードは、サーキットでの停止状態から最適な加速を可能にします。

・C(Comfort)

快適性と燃費重視のモード。

・S(Sport)

ワインディングなどでスポーティなドライビングを楽しむためのモード。エグゾーストサウンドは控えめなままで、3ステージESP®はON。ロードフィールを高めるためにAMGパラメーターステアリングのパワーアシスト量が減少します。

・S+(Sport Plus)

AMG V8エンジンならではのエグゾーストサウンドとともに、サーキットなどで非常にダイナミックなドライビングを楽しむためのモード。3ステージESP®はON。

・I(Individual)

エンジン、エグゾーストシステム、サスペンション*、トランスミッション、3ステージESP®のパラメーターを個別に設定できるモード。

・RACE

サーキット走行のために全てのパラメーターが変化するモード。ESP®は「SPORT Handlingモード」

・3ステージESP®(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

高レベルな安全性を確保する標準モードの「ESP® ON」、システム介入前に一定のドリフトアングルを許容するスポーティなセッティングの「ESP® SPORT Handling」、サーキットでの高度にダイナミックなドライビングのためにESP®がオフになる「ESP®OFF」の3つのモードを備えた「3ステージESP®」を標準装備しています。

・AMGリミテッド・スリップ・デフ

GT Cは、電子制御式のリミテッド・スリップ・デフを標準装備し、リアアクスルのコンパクトなトランスミッションハウジングに内蔵しています。この電子制御式のリミテッド・スリップ・デフは制御がきめ細かくかつ高速なため、走りの物理的限界を新たなレベルへと引き上げます。駆動輪のグリップをさらに改善するほか、限界におけるコーナリング速度を高めます。加速時とアクセルオフ時に可変的にロッキング効果を発揮するほか、さまざまな走行状況や路面の摩擦係数に対応します。

・AMGパラメーターステアリング

車速感応式スポーツステアリングは可変ステアリングギア比を採用しています。低速走行時にハンドリングと俊敏性を強化するほか、高速走行時には走行安全性を確保します。車速に加え、その瞬間の横加速度や選択されたAMGダイナミックセレクトのドライブモードにも対応したアシスト機能が働くことで、路面からダイレクトなフィードバックが得られ、車体の挙動を把握することができます。

・AMG強化ブレーキシステム

GT Cは強大な制動力と耐フェード性に優れるベンチレーテッド式ドリルドディスク(前390mm、後360mm)を備える強化コンポジットブレーキシステムを採用、ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮します。これに加え、AMGカーボンセラミックブレーキを有償オプションとして設定しています。AMGカーボンセラミックブレーキのメリットは、セラミックブレーキディスク(前402mm、後360mm)による軽量化(17kg減)と、耐久性および耐フェード性の向上が挙げられます。

・AMGパフォーマンスエグゾーストシステム

マフラー内のエグゾーストフラップによりエグゾーストノートを切り替えるシステム。トランスミッションがC(Comfort)、S(Sport)モードのときはエグゾーストフラップを閉じることで、住宅街はもちろん長距離クルージングなどにも最適な落ち着いたサウンドを響かせます。ダイナミックな走りが味わえるS+(Sport Plus)、RACEモードでは、エグゾーストフラップが開き、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時などにモータースポーツを彷彿とさせるエモーショナルなサウンドを発生します。なお、C、Sモードの際にも専用スイッチの操作によりエモーショナルなサウンドを楽しむことが可能です。

・AMGライトウェイトパフォーマンス

「重量」はスポーツカーのパフォーマンスに影響を及ぼす重要な要素の1つです。メルセデスAMGは、シャーシやボディには各種アルミニウム合金、テールゲートにはスチール、フロントデッキにはマグネシウムなど、構造部に高度な材料の組み合わせを採用しています。フロントに採用した超軽量のマグネシウムは、フロントアクスル前方の慣性を低減することによりアジリティを改善します。

・軽量なスペースフレームは、アルミニウムダイキャストやアルミニウム押し出し材で構成されています。全体に曲げ強度、ねじり強度が高いことから、パワートレインやサスペンションから加わる前後方向および横方向の非常に強い力を吸収したり、他に逃したりすることができます。これによって不要な柔軟性が低減され、高精度かつダイレクトなレスポンスが得られます。

トランクリッドは特に軽量化に配慮し、炭素繊維SMC(シートモールディングコンパウンド)製となっています。この高度なプラスチックは、軽量で強度が高いうえに、表面状態も最高の品質を備えた革新素材で、メルセデス・ベンツで開発されたものを、AMGと共同で量産化したものです。

・インテリア

ダッシュボードは水平基調とすることで幅を強調し、力強い翼のように見せています。高いベルトライン、ドアパネル、ダイナミックにせり上がるセンターコンソール、低いシートポジションにより、ドライバーの身体をコックピットに一体化します。

以上がプレスリリースになります。

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな

登録1分!めんどくさがるな

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな