【Eクラス】発表!最新技術が盛りだくさん!!

メルセデスベンツEクラスが新しくなりました!ポイントはあまりにもあるので、書ききれないです。見た目はそこまで変わった印象がないのですが、中身は本当に色々変わった、いや最新技術で武装された感じです。

メルセデスベンツ Eクラス 買取

それではメルセデスベンツ日本からの公式プレスリリースになります。

メルセデス・ベンツ新型Eクラスを発表

  • 完全自動運転にさらに近づく革新的な安全運転支援システム「ドライブパイロット」
  • 高速道路の渋滞時に先行車を追従する自動運転*を実現
  • ウインカー操作のみで車線変更を自動で行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」
  • 事故時の衝撃音から乗員の耳を守る世界初の「PRE-SAFE®サウンド」
  • 万が一の場合に自動的に車線を維持しながら緩やかに減速する世界初の 「アクティブエマージェンシーストップアシスト」
  • 最新デザインを取り入れたエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリア
  • 将来導入されるRDE(実路走行試験)規制に対応したディーゼルエンジン
    *: 車両が加速・減速・操舵を自動で行いますが、あくまでも安全運転をサポートする技術です。

design_carousel_pho_04

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都港区 )は、 新型「Eクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ本日より注文受付を開始します。なお、発売は「E200アバンギャルド」および「E200アバンギャルド スポーツ」が本日より、「E200 4MATIC アバンギャルド」、「E220d アバンギャルド」、「E220 d アバンギャルド スポーツ」、「E250 アバンギャルド スポーツ」、「E400 4MATIC エクスクルーシブ」は10月以降を予定しています。

メルセデス・ベンツEクラスは、世界で累計1,200万台以上の販売台数を誇るメルセデス・ベンツの中核をなすモデルであり、1947年に発表されたW136/191型以来、常に時代に先駆けて革新的な技術を採り入れ、世界のプレミアムセダンの指標とされてきました。

design_carousel_pho_05

2013年には、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラにより自車の周囲のほぼ360°を常に監視し、事故の危険性が迫っている場合にはドライバーに警告したり、 必要に応じて自動でブレーキをかけることで事故を未然に予防する安全運転支援システム 「レーダーセーフティ」をメルセデス・ベンツとして初めて標準装備し、部分自動運転を実現しました。

新型Eクラスは、快適性や安全性を大幅に高める数多くの世界初の革新技術が導入され、メルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れたエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリアを備え、スタイリッシュな魅力に溢れた10代目となるプレミアムセダンとして生まれ変わりました。さらに、新開発のディーゼルエンジンに、軽量設計とセグメントトップレベルの空力特性を組み合わせることで、セグメント最高レベルの燃費効率を実現すると同時に、AIR BODY CONTROL*により、卓越した乗り心地と運動性能を提供します。
*: E 400 4MATIC エクスクルーシブに標準装備

design_carousel_pho_10

新型Eクラスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」は、安全性、快適性、 安全運転支援が新しい領域に進化しました。

メルセデス・ベンツの自動運転開発の次のステップとなる、新型 E クラスに初めて搭載される新技術「ドライブパイロット」は、特に混雑時や高速道路での渋滞の際に自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減するシステムです。先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、ガードレール等車線と平行に位置する 物体)を常に監視することで、従来よりもステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大しました。

design_carousel_pho_12

しかも、車線が不明瞭または表示されていない場合にも自動で先行車に追従します。また、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減します。

ドライブパイロットのその他の革新技術として、「アクティブレーンチェンジングアシ スト」を初めて導入しました。ドライバーがウインカーを 2 秒以上点滅させると、 行き先の車線に車両がいないことを確認後、自動で車線変更します。また、走行中 にドライバーが気を失うなど万が一の場合に自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・ 停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界で初めて搭載しました。

design_carousel_pho_07

メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通りです。

モデル ステアリング エンジン メーカー希望小売価格
( )内は消費税抜き車両本体価格
E 200
アバンギャルド
2.0L、
直4直噴ターボ
¥6,750,000 (¥6,250,000)
E 200 4MATIC
アバンギャルド
2.0L、
直4直噴ターボ
¥6,980,000 (¥6,462,963)
E 220 d
アバンギャルド
2.0L、直4直噴
ディーゼルターボ
¥6,980,000 (¥6,462,963)
E 200 アバンギャルドスポーツ 2.0L、
直4直噴ターボ
¥7,270,000 (¥6,731,482)
E 220 dアバンギャルドスポーツ 2.0L、直4直噴ディーゼルターボ ¥7,500,000 (¥6,944,445)
E 250 アバンギャルドスポーツ 2.0L、
直4直噴ターボ
¥7,560,000 (¥7,000,000)
E 400 4MATIC
エクスクルーシブ
3.5L、
V6直噴ターボ
¥9,880,000 (¥9,148,149)

* 上記のメーカー予定小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両 本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。メーカー希望小売価格 は参考価格です。価格は販売店が独自に定めておりますので、詳しくは各販売店にお問い合わせ下さい。

なお、「新型Eクラス」にも、新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンス サービスと24時間ツーリングサポートを無償提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」 が適用されます。さらに、メルセデス・ケア終了後の有償の保証延長プログラムとして、 一般保証および24時間ツーリングサポートを2年間延長する「保証プラス」と、4、5年目のメンテナンスサービスにおいて、初回車検時および4年目の点検や定期交換部品、 消耗品の交換をパッケージでご提供する「メンテナンスプラス* 」をご用意しています。
* 新車登録日から59ヶ月後の応当日の前日または総走行距離75,000km到達時のいずれか早い時点で終了となります。

また、メルセデス・ベンツ ファイナンスが提供するウェルカムプラン・オープンエンドリースをご利用して新型Eクラスをご購入の方全員に、バンパーやタイヤ、ホイール、ドアミラー の傷やキーの紛失を補償する「ボディプロテクト」をプレゼントするキャンペーンを2016年12月末まで実施します。
*: 補償期間は登録から1年、但し、ファイナンスを継続利用していることが条件です。
*: 補償金額は7万円、免責7,000 円(但しキーの補償は5万円、免責5,000 円)となります。

新型 E クラスの主な特長

エクステリアデザイン

新型Eクラスは洗練された、誇らしくスタイリッシュかつスポーティなクルマです。先代に比べるとホイールベースは65mm長くなっています。エクステリアデザインはメルセデス・ ベンツセダン特有のプロポーションを備え、長いボンネットからクーペを想わせるルーフラインへ、そしてショルダー幅の広いテールエンドにいたるまで、刺激的なシルエットを描いています。さらにサイドビューでは、フィーチャーラインにスタイリッシュかつダイナミックなアレンジが施されています。それらすべてを融合させることで、メルセデス・ベンツデザインの基本思想「Sensual Purity(官能的純粋)」を完璧に具現しています。

新型Eクラスはモデルによって外観が異なります。最先端のテクノロジーと高いクオリティが融合する“アバンギャルド”、ダイナミックなシルエットのAMG ラインをまとい、スポーティな存在感を際立たせた“アバンギャルドスポーツ”、メルセデスの伝統が輝くフロントフェイスに、 最先端の安全性/快適性とラグジュアリーを細部にまで宿した“エクスクルーシブ”。 最新のメルセデスデザインを革新的な機能美と共に演出する3つの個性が際立ちます。

リアエンドは、リアホイールアーチ上方の幅が広いショルダーにより、パワフルで力強い性格が与えられています。ボディに埋め込まれた2本バーデザインを取り入れた一体型リアコンビネーションランプは、新型Eクラスがメルセデスのセダンの新しい一員であることを示しています。

スターダストや天の川、あるいはジェットエンジンの輝きを想わせるハイライトを施すことによる「スターダストエフェクト」は、専用設計の表面構造を備える革新的なリフレクターテクノロジーによるもので、新型Eクラスに初めて導入しました。

インテリアデザイン

新型Eクラスのインテリアも、メルセデス・ベンツデザインの基本思想「Sensual Purity (官能的純粋)」を具現するものであり、明確な造形と官能的な流れを基本としています。

セグメント初となる2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを設定しています。 この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、 空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素となっています。

インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、 ドライバーの視野に直接入るべきさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方にセンターディスプレイを備えています。なお、コックピットディスプレイの デザインは、「クラシック」、「スポーツ」、「プログレッシブ」の3種類の中からお好みで 設定することができます。

新型Eクラスは世界で初めてタッチコントロール機能をステアリングに備えました。スマ ートフォンなどと同様にタッチセンス機能を内蔵したボタンは、縦方向および横方向のスワイプに正確に反応します。メニュー項目の選択はスワイプ、確定はそのままボタンを押し込むだけです。これにより、ドライバーはインフォテイメントの各機能の操作やシフトレバーなどアクセルとブレーキ以外のほとんどの操作をステアリングから手を離すことなく簡単かつ機能的に操作することができます。

インフォテインメントシステムを操作する部分としてはこのほか、センターコンソールにコントローラーを備えたタッチパッド(手書き入力対応)や、音声認識システムを採用しています。さらに、エアコンディショナーや、一部の安全運転支援システムを簡単に起動・ 停止できるショートカットボタンを採用しています。安全運転支援システムのショートカット操作は新型Eクラスが初めての採用となります。

グラフィックスについては、高精細かつアニメーションを表示できる新しいデザインを採用するとともに、ロジックを簡素化することで、全く新しい操作感を実現しました。同時に、室内はゆったりした空間を持つ官能的なデザインとし、Sクラスに匹敵する上質感とスポ ーツ性を融合させています。

インテリアは高級素材を基調とし、オープンポアウッド、アルミ(ブライトアルミニウム)、 ハイグロスウッド(ウォールナットブラウンウッド)を採用しています。さらにメルセデス ならではの大きな特長となるものが、ディテールへのきめ細かな配慮とクラフトマンシップから生まれた高級な質感です。

室内照明には、長寿命・節電型のLEDのみを使用しています。改良型アンビエントライト も同様で、選べるカラーが 64 色と、カスタマイズの可能性を大きく広げました。なお、 アンビエントライトが彩る主な部分は、ダッシュボード下部からドアパネル、センター コンソール、コックピットディスプレイ、前・後席足元などです。

新型 E クラスはシートも特長の1つで、エルゴノミクスに配慮した彫刻的な形の中に、 メルセデス・ベンツならではの優れた長距離走行での快適性と、洗練されたスポーティな デザインを融合しています。リアシートは、多目的性を大きく高める 40:20:40 の 3 分割 バックレストを備えています。センターアームレストには、収納ボックス 1 ヶ所やポップ アウト・ドリンクホルダー2 個などを内蔵しています。

新世代エンジン

新型Eクラスのエンジンラインアップは、2.0リッター直列4気筒 BlueDIRECT ターボエンジン(E200 アバンギャルド、E200 アバンギャルドスポーツ、E 200 4MATIC アバンギャルド、E250 アバンギャルド スポーツ)と3.5リッターV型6気筒ツインターボ BlueDIRECT エンジン(E400 4MATIC エクスクルーシブ)の2つのガソリンエンジンと、 新開発2.0リッター直列4気筒 BlueTEC エンジン(E220d アバンギャルド、E220d アバン ギャルドスポーツ)のディーゼルエンジンとなります。

E200 アバンギャルド、E200 4MATIC アバンギャルドおよびE200 アバンギャルドスポーツに搭載される2.0リッター直列4 気筒 BlueDIRECTターボエンジンは、第3世代の直噴システムである BlueDIRECTテクノロジーを採用しています。ピエゾインジェクター(最大圧力200bar)、スプレーガイド式燃焼システム、マルチスパークイグニッションによって、 常に最適な燃焼状況を作り出し、最高出力135kW(184PS)、最大トルク300N・m(30.6kg・m)を発生します。 E250アバンギャルドスポーツは、最高出力155kW(211PS)、最大トルク350N・m (35.7kg・m)を発生します。

さらに、いずれのモデルにも信号待ちなどでの無駄な燃料消費を抑える ECO スタートストップ機能を標準装備しています。最先端技術を余すところなく搭載することで、ゆとりある 動力性能と高い環境性能を高次元で両立しました。

E400 4MATIC エクスクルーシブも最先端 BlueDIRECTテクノロジーを採用しています。 最高出力245kW(333PS)、最大トルク480N・m(48.9kg・m)がもたらす優れたドライバビリティと環境性能を備えています。

新開発2.0リッター直列4気筒 BlueTEC エンジン

E220 d アバンギャルドおよび E220 d アバンギャルドスポーツに搭載される新開発2.0リッター直列4気筒BlueTEC エンジンは、将来導入されるRDE(実路走行試験)規制に対応したディーゼルエンジンです。先代よりシリンダーピッチが狭くなった(94mm→90mm) ことから、前後方向に短くなり、小型化を実現しました。排気量は 2.0 リッターと先代の 2.2 リッターより小さいものの、最高出力 143kW(195PS)、最大トルク 400N・m(40.8kg・m) を発生します。また、排出ガス浄化システムについては、従来は酸化触媒を通過した後に 粒子状物質除去フィルター(DPF)、さらに排気システムの途中に設置された SCR 触媒コン バーターを通過させていたシステムを、DPF と SCR 触媒コンバーターを統合した sDPF (DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)を 直接エンジン本体に取り付けることで、排出ガス浄化経路を短縮することが可能となり、 排出ガスの温度低下による浄化効率の低下を防ぐだけではなく、システムのコンパクト 化と軽量化にも貢献しています。このエンジンは、シングルステージターボチャージャーと 可変タービンジオメトリを採用し、シリンダーヘッドとクランクケースはアルミニウム製となって います。また、メルセデス・ベンツが開発した表面コーティング NANOSLIDE®を導入することで、 シリンダー表面とスチール製ピストンの間の摩擦を低減しました。最高出力 195PS、 最大トルク 400Nm の力強い動力性能を実現しています。

軽量・高剛性ボディ

ボディシェルは軽量高強度の超高張力鋼板を多用しながら、フロントフェンダー、ボンネット、 トランクリッド、フロントエンド&リアエンドの大部分に最適なアルミニウム素材を積極的に 採用しました。これにより重量の増加を抑制しながら非常に高い強度を達成し、高度な 衝突安全性はもちろん、卓越したハンドリング、極限的に低いノイズや振動レベルを 実現しました。

優れた空力特性

空力性能は、新型 E クラスの卓越した効率性を実現する大きな要因の 1 つです。 新型 E クラスは、クラストップレベルの空気抵抗係数(Cd 値)0.24 を実現しました。さらに、 高度なエアロダイナミクスでウインドノイズを最小限に抑え、ラグジュアリーモデルにも 勝る静粛性を実現しました。

9速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC」

トランスミッションは、全モデルで 9 速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC」を 採用しました。現在市販されているトルクコンバータ式トランスミッションの中で最も変速 段数が多いこのトランスミッションは、1 つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速 ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現 しました。なお、7 速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC」と比べ、トルクコンバータ ケースのアルミニウム化などにより約 1kg の軽量化を実現し、さらに粘度の低いトランス ミッションオイルを採用することで、トルクコンバータの伝達ロスを低減しています。

ダイナミックセレクト

新型 E クラスのドライビングモードの選択は、センターコンソール下部の「DYNAMICダイナミックSELECTセレクト」スイッチにより行います。“Comfort“、“ECO“、“Sport“、“Sport+“の4つから選んだ モードに応じて、エンジン、トランスミッションのシフトポイント、ステアリング特性、アクセル レスポンス、サスペンション特性(E 400 4MATIC エクスクルーシブのみ)などの様々な パラメーターを変化させます。さらに、“Individual“モードでは、それらをドライバーの好みで 自由に設定してオリジナルのモードがカスタマイズできます。

AGILITY CONTROL サスペンション

E 200 アバンギャルド、E 200 アバンギャルド スポーツ、E 200 4MATIC アバンギャルド、 E 250 アバンギャルド スポーツに搭載されるセレクティブダンピングシステムを用いた AGILITY CONTROL サスペンションは、通常走行時にはしなやかで快適な乗り心地であり ながら、ハードなコーナリング時など一定以上の負荷がかかった場合に、瞬時に減衰力 を高められる可変ダンピングシステムです。通常走行時はオイルの一部がバイパス チャンネルを流れるため油圧抵抗が小さく、一方ハードなコーナリングなどでダンパーに 急激な入力がある場合はバイパスチャンネルが自動的に閉じ、100%の減衰力を得られる ため最大限の安定性が確保されます。

マルチチャンバーエアサスペンションAIR BODY CONTROL

E 400 4MATIC エクスクルーシブには、マルチチャンバーエアサスペンション AIR BODY CONTROL をメルセデスで初めて設定しています。AIR BODY CONTROL サスペンションの メリットは、サイズの異なるチャンバーを、リアアクスルのスプリングストラット内に 3 つ、 フロントアクスルのスプリングストラット内に 2 つ採用しているため、サスペンションの 硬さを 3 段階で調整できることです。これによりベースサスペンションのソフトな乗り心地 に加え、速度が増すにつれて、優れた操縦安定性を実現します。 AIR BODY CONTROL は車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に 調整する電子制御式エアサスペンションです。路面状況、運転状況、乗車人数や積載状況 に応じて、減衰力を常に最適に保ちます。高速走行時には車高が自動的に下がり、 ハンドリング性能、空力特性および燃費を向上させます。また、荒れた路面などでは 手動で最低地上高を 15mm 高めることができます。乗車人数などによる車体姿勢の 変化を補正するセルフレべリング機能により、常に変わらないハンドリング特性を実現します。

フルタイム四輪駆動「4MATIC」

E 200 4MATIC アバンギャルドと E 400 4MATIC エクスクルーシブには、全天候型フル タイム四輪駆動システム「4MATIC」を採用しています。エンジントルクを前輪 31%:、 後輪 69%の比率で配分し、様々な天候や路面状況下で最適なトラクションを発揮します。 オンロードでは、コーナリング時や高速走行時の高い安定性を実現しました。また、オフ ロードや雪道などでは、タイヤの空転や横滑りを抑制し、高い操縦性や走行安定性を 確保します。軽量コンパクトな設計などにより燃費向上にも貢献しています。

高強度・軽量ボディシェル

高剛性ボディは、優れたハンドリングや低騒音・低振動、衝突安全性を実現する土台と なります。新型 E クラスの開発では、ボディシェルにおけるアルミニウムの使用率を先代 の 5%に比べて 16%と大きく高めました。フロントフェンダー、ボンネット、トランクリッド、 フロントエンドとリアエンドの大きな部分には、アルミニウム板材またはアルミニウム鋳物品 を採用しています。また、超高張力鋼板の使用率も先代の 3%から 6%へと増加して います。この軽量設計によって、新型 E クラス(E 200 アバンギャルド スポーツ)は先代 モデル(E 250 アバンギャルド)と比較し約 50kg の軽量化を図ることで燃費を向上すると ともに、スポーティかつ俊敏なハンドリングを実現しました。

次世代の安全運転支援システム

レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラにより自車の周囲のほぼ 360°を 常に監視する複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、 歩行者などを検出、状況を判断してアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシスト することでドライバーの負担を軽減し、安全性と快適性を高める安全運転支援システム 「レーダーセーフティパッケージ」に代表される「インテリジェントドライブ」が大幅に進化 しました。緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、側面衝突の 安全性を高める「PRE-SAFE®インパルス」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する 「PRE-SAFE®サウンド」などの新機能を初めて採用したほか、ステアリングアシスト機能を 強化した「ドライブパイロット」の数々の機能、歩行者に加えて交差点での車両飛び出し にも対応した「アクティブブレーキアシスト」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現 しています。

ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロット〔機能強化〕

ディスタンスパイロット・ディストロニックは、都市、郊外、高速道路などの走行時にステレオ マルチパーパスカメラとレーダーセンサーにより、先行車を認識して速度に応じた車間 距離を維持します。減速が必要な場合はアクセル及びブレーキを段階的に自動調整 してスムーズに減速し、先行車が停止した場合は自車も停止します。高速道路での渋滞時 に自動停止した際、30 秒以内に先行車が発進した場合は、ドライバーがアクセルを踏ま なくても自動で再発進します。30 秒以上停止していた場合は、アクセルを軽く踏むかクル ーズコントロールレバーを引くことで再発進が可能です。十分な車間距離が確保されて いる場合は設定された速度まで自動的に加速します。先行車および停止中の車両との 距離が突然縮ま った場合には 、警告灯 と警告音 で ド ラ イバーに知 らせます 。

またステアリングパイロットは、車線のカーブと先行車を、車線が不明瞭な道ではガード レールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストします。 *ディスタンスパイロット・ディストロニック作動速度範囲:0~約 210km/h 設定可能速度範囲:約 20~210km/h *車線が不明瞭な場合のステアリングパイロット作動範囲:~約 130km/h

アクティブレーンチェンジングアシスト 〔メルセデス・ベンツ初〕

高速道路走行中にステアリングパイロットが起動している際に、ドライバーがウインカー を 2 秒以上点滅させると、車両周囲を監視しているセンサーが他の車両などとの衝突 の危険が無いことを確認し、安全が確認された場合に自動で車線変更します。 *作動速度範囲:約 80km/h~180km/h (一般道での利用不可)

アクティブエマージェンシーストップアシスト 〔世界初〕

ステアリングパイロットが起動している際に、ドライバーが一定時間ステアリング操作を 行わない場合、警告灯と警告音によってステアリングを握るよう促し、それでもドライバ ーがステアリング、アクセル/ブレーキ、タッチコントロールボタンの操作の反応が無い場 合は、さらに警告音を鳴らしながら、緩やかに減速して停止します。また、車両停止後は 自動的にパーキングブレーキがかかることで、後方からの衝突による二次災害を防止します。

トラフィックサインアシスト 〔メルセデス・ベンツ初〕

一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに 表示し、制限速度を超えた際には警告音を出してドライバーに注意を促す機能も搭載します。

アクティブブラインドスポットアシスト 〔従来より装備〕

都市や高速道路などの走行時に、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両 の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。 さらに、側面衝突の危険がある時にはブレーキを自動制御して、危険回避をサポートします。 追い越し車線に移ろうとして斜め後ろにいる車両に気づかなかった時など、ドライバーの 不注意によるミスを予防し、安全な走行を支援します。
*作動速度範囲:約 8~200km/h
*自動コース修正作動減速範囲:約 30~200km/h

アクティブブレーキアシスト(歩行者検知/飛び出し検知機能付)〔機能強化〕

先行車、前を横切る車両や合流してくる車両、歩行者、路上の物体などとの衝突の 危険性を感知すると、ディスプレイ表示や音でドライバーに警告します。ドライバーが ブレーキをかけると、必要な場合はシステムが衝突を回避するために強力な制動力を 発揮できるようブレーキ圧を高めます。同時に、前席のシートベルトの巻き上げや助手席の シートポジション修正など、衝突時に乗員の最適な姿勢を可能な限り確保する PRE-SAFE®機能も作動します。ドライバーが反応しない場合、システムが衝突を避けられない と判断して、最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキが作動します。衝突の回避もしくは 被害軽減を効果的にサポートします。車両速度が約 60km/h 以下の場合には、衝突を 回避するのに十分な制動力が得られます。なお、交差点での車両飛び出しにも対応す るようになりました。
*作動速度範囲:約 7~250km/h
*歩行者検知機能 作動減速範囲:約7~70km/h
*作動速度範囲は、気象条件や道路状況等により変動することがあります

渋滞時緊急ブレーキ機能 〔機能強化〕

ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーで、先行車およびその左右の車線を 監視します。突然渋滞の最後尾が現れた場合などに、前走車との衝突の危険を検知します。 その左右などに回避スペースが無いと判断すると、即座に自動ブレーキが作動し、衝突 回避または被害軽減を図ります。回避スペースがある場合は、ドライバーの回避操作を 優先します。ただし、ドライバーが反応しない、または回避操作が遅れて衝突が回避 できないと判断した場合には、即座に自動ブレーキが作動します。さらに、渋滞末尾で 回避操作を行う空間的余裕がない危険な状況を検知し、通常よりはるかに早い 段階でブレーキを自動で作動させる機能をメルセデスとして初めて搭載しました。

緊急回避補助システム 〔メルセデス・ベンツ初〕

アクティブブレーキアシストの歩行者検知機能を補う新開発のシステムです。車両 前方にいる車道横断中の歩行者などとの衝突の危険を検知すると、システムが 正確なステアリングトルクを計算して、ドライバーのステアリング操作をアシストします。 また、回避後の車線復帰も同様にサポートします。
*作動速度範囲:約 20~70km/h

リア CPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)〔従来より装備〕

リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが後方の車両を監視します。車間距離と 接近速度から衝突の危険があると判断すると、ハザードランプを素早く点滅させて後続車の ドライバーに警告するとともに、カラーマルチファンクションディスプレイの警告表示で ドライバーにも危険を知らせます。それでも後続車が十分に減速しない場合は、ドライバー がブレーキを踏むと後方からの衝突に備えてブレーキ圧を高めます。ドライバーが反応 しなかった場合でも自動的にブレーキ圧を高めて自車をロックします。玉突き衝突の 回避など二次被害を軽減します。さらに、シートベルトテンショナーも作動させ、衝突の 影響の低減を図ります。

PRE-SAFE®インパルスサイド 〔世界初〕

フロントバンパー外側のレーダーセンサーが、側面衝突が不可避であることを検知すると、 衝突側前席バックレストのサイドサポートに内蔵されたエアチャンバーが瞬時に膨張します。 乗員をドアから遠ざけることで衝撃の軽減を図ります。さらに PRE-SAFE®の乗員保護機能 も同時に作動します。

PRE-SAFE®サウンド 〔世界初〕

システムが不可避の衝突を検知すると、車両のスピーカーから鼓膜の振動を抑制する音 を発生させ、鼓膜の振動を内耳に伝えるあぶみ骨筋の反射収縮反応を引き起こします。 この収縮によって衝撃音の内耳への伝達を軽減します。

アクティブレーンキーピングアシスト〔従来より装備〕

フロントウインドウのステレオマルチパーパスカメラが車線を検出し、フロントホイール が走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに 警告します。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に 戻そうとします。高速道路など走行車線が非常に広い場合は警告が早まるなど状況に 応じた判断が加えられ、警告の信頼性が向上しました。また、ドライバーの反応が遅れても 自動的に補正ブレーキによる車線復帰をサポートすることで、安全な走行を支援します。
*作動速度範囲:約 60km/h~200km/h

マルチビームLEDヘッドライト〔機能強化〕

新型Eクラスに搭載される第二世代のマルチビーム LED ヘッドライトは、片側 84 個の LED を備えています。ステレオマルチパーパスカメラと 4 つのコントロールユニットが、 理想的な配光パターンを毎秒 100 回の頻度で解析することで、きめ細かく高精度な配光 を実現しました。84 個の LED は 3 段グリッド状に配置され、それぞれを個別に電子制御 することで、先行車などを明るく正確に照射し続ける先進のシステムです。また、道路標識 の反射が起こらないよう前方を照射したり、雨天時に路面からの反射を抑えドライバー に見やすい視界を提供することも可能です。さらに、対向車の眩惑防止はもちろんのこと、 カーブを検知すると前もって配光パターンを制御し、カーブの先を早めに照らすとで安全性 を高めます。
*アバンギャルド スポーツ、エクスクルーシブモデルに標準装備

360°カメラシステム 〔従来より装備〕

フロントグリル、左右のドアミラー、リアライセンスプレート上方に 4 つの広角・高解像度 カメラを備え、合成処理された周囲の状況をモニターに表示します。自車を真上から 見ているような「トップビュー」など、車両周辺の状況が直観的に把握できます。

パーキングパイロット(縦列・並列駐車)〔機能強化〕

約 35km/h 以下で走行中、超音波センサーが左右の最適な駐車スペースを自動で 検出します。自動操舵・ブレーキ・シフトチェンジ・速度コントロール機能により、自動で 駐車します。複数の駐車スペースを選択することもできます。

以上がプレスリリースになります。

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな

登録1分!めんどくさがるな

スポンサーリンク

登録1分!めんどくさがるな